SECカーボンでは、モノづくりで社会貢献を目指す企業の責任として、
「基本理念」と「環境基本方針」を制定し、環境問題と社会活動に真摯に取り組んでいます。

基本理念・環境基本方針PDFはこちら

基本理念

我々は、限りある資源を次世代により良い状態で伝えるため、事業活動のあらゆる面で地球環境の保全に配慮することを基本理念として、持続的発展が可能な社会に貢献します。

環境基本方針

京都工場は、人造黒鉛電極・アルミニウム製錬用カソードブロック・特殊炭素製品・高純度黒鉛粉末等の研究開発ならびに製造に関するすべての活動、製品及びサービスから生じる環境への影響を的確に捉え、環境負荷の低減と環境保全への貢献を、経営の最優先課題の一つとして、当工場で働く人又は当工場のために働く人が以下の様に環境に配慮した行動をとります。

  • (1)事業活動によって生じる環境への影響を的確に把握し、技術的・経済的に可能な範囲で環境保全活動の継続的な改善及び汚染の予防に努めます。
  • (2)当工場の活動、製品及びサービスに適用される環境法規制及び当工場が同意するその他の要求事項を順守すると共に目的・目標を設定して、適宜見直しを行いながらその達成に努めます。
  • (3)地球環境の保全活動を推進するため、当工場で働く人又は当工場のために働く人が活動できる組織を整備します。
  • (4)事業活動が、環境に与える影響のうちで、特に次の項目について優先的に改善活動を推進します。
  • 1.電力及び燃料等の使用量の低減に努めます。
  • 2.環境へ著しい影響を及ぼす可能性のある生産設備の管理を徹底し、大気汚染及び水質汚濁等の抑制に努め,近隣住民の生活環境の保全に努めます。
  • 3.廃棄物を適切に処理すると共に、リサイクルの推進に努めます。
  • 4.製品の開発・設計・購買・製造の各段階において環境配慮に努めます。
  • (5)環境方針及び環境への意識を高めるため、当工場で働く人又は当工場のために働く人に教育を行い、周知を図ります。
  • (6)環境方針を要請に応じて社内外に知らせます。

組織体制

ISO14001の取り組みにおいて役割、責任及び権限を明確にし、効率的な組織運営を実施するために組織体制を構築しています。