環境保全活動

ISO14001に基づく環境保全活動の取り組み

京都工場において、ISO14001に基づき省エネルギー、省資源、汚染予防、社会貢献について優先的に取り組む内容を次のような目標を掲げて取り組んでおります。

2017年度(2017年4月~2018年3月)の活動内容
  取組み 活動内容
省エネルギー
温暖化防止
エネルギー使用量の削減 ● 黒鉛化電力の使用量(原単位)の削減
● 生産設備の運用管理レベルの向上
製品開発 ● 省エネ製品の開発
省資源
リサイクル
産廃のリサイクル化 ● リサイクル率 95%
● 加工屑の再利用の促進
汚染予防 環境保全協定の順守 ● ばいじん・粉じん・騒音・排水などについて規制値以下の厳守
環境負荷の低減 ● 環境影響負荷の少ない機材、機器、工法等の導入検討及び実施
● 梱包パレットの再利用の推進
● 大気汚染の更なる低減
環境管理レベルの向上 ● 環境測定設備の導入及び運用
社会貢献 環境ボランティア清掃活動 ● 年間6回以上の実施

循環型社会への転換のため、「ゼロエミッション」に挑む

SECカーボンでは、廃棄物の埋立処分場の不足といった深刻な環境問題を踏まえ、平成16年度より京都工場において「生産工程で発生する産業廃棄物のリサイクル化(セメント原料化、路盤材化)」「工場内で発生する廃棄梱包材等のリサイクル化(高カロリーの固形燃料化)」「工場内で発生する事業系一般廃棄物(主に紙類)のリサイクル化」に取り組み、今ではほとんどがリサイクル可能となっています。今後も、このゼロエミッションの活動を継続し、環境負荷の低減に努めます。

リサイクル率95%